はる 愛護センターから 引き取りました

けれど その前に ちょっとあったんです
5月半ば HPの問い合わせメールに 「家で猫が生まれている なんとかして欲しい」
と ありましたが 
文章から 丸投げ相談!なんで スル―してました

数日後 チラシから 電話がありました
「数日前にメールを送ったものだが 
家から猫を追い出したが 子猫1匹だけを置いていってしまった
家族は 愛護センターに持ち込めと言うが 可愛そうでそんなことはできない」

「そうなんですね こちらは保護はお断りしていますが
どうしてもというなら 5000円の保護費で保護しましょうか」  と優しく言った

5000円で 200gの子猫を育てて 里親探ししてもらえるなら
私も依頼したい

と思いながら 会話してました

でも 相手は なんだか煮え切らず グチグチグチグチ
仕事中だったので もう我慢できず

「あのですね! その子猫をお金を出して保護してもらうか 
愛護センターに持ち込むかは 貴方の決めることです!私が決めることではないです」

そしたら 

「こんな 猫 愛情も何もない! どうでもいい お金も払いたくない!」

じゃあ なんで電話してきたんでしょう?

猫の活動している人は
「かわいそうに。。。すぐ引き取ります」 と言うと思ったんでしょうかね

どこの団体さんも 猫の保護はお断りしています
皆引き取っていたら 生活できません。。

それと似たような 相談も 返信していません すみません

あまりにも 気分の悪い相談  
すぐに 愛護センターから持ち込まれた 子猫を引き取りました 

はる

はる 
とっても かわいい~やさしい~子に育ちました
しあわせになろうね!

 
7月12日 譲渡会開催します!

  待ちねこ 譲渡会を 皆さまに知っていただき
  1匹でも多くのねこが幸せになりますよう。。ランキングに参加しています
  クリック よろしくおねがいします! 
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
こちらもお願いします!
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ


LINEスタンプ


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kichimina.blog31.fc2.com/tb.php/213-696ccb3c